仕組みは余りにもシンプルなFXという商品

By: Robb North

FXという商品に対して、やや難しいとのイメージを描いている方々は多いです。実際確かに、私もそのような時期がありました。この金融商品での売買を始めたばかりの頃には、とても難しい商品だと思い込んでいたのですね。

しかし最近では、私の考え方も少々変化してきています。この金融商品は、むしろ非常にシンプルだと考えているのです。そのシンプルさが原因で、この金融商品での売買が難しくなっている傾向があります。
まずFXという商品の仕組み自体は、正直それほど難しくないでしょう。基本姿勢としては、安いタイミングで外貨を購入する事になります。そして高くなったらそれを売却する訳ですね。その仕組み自体は、特に難しい事は無いでしょう。

多くの方々が難しいと感じているのは、むしろ利益をコンスタントに発生させる事です。この金融商品では、たまに利益が発生する事はあります。うまく行けば大きな利益が発生する可能性はあるのですから、それに夢を馳せている方々も多いです。ただコンスタントな利益となると、また話は別なのですね。一時的に利益が発生していても、それが継続できるか否かとなると、また話は異なってくる訳です。それがとても難しいと思う方々も、多く見られます。

しかし私は既に、この金融商品でコンスタントな利益が生じるようになってきています。そして私のやり方は、特に難しい事はありません。むしろ非常にシンプルな方法なのですね。それに気が付くまでには多少の日数を要しましたが、一旦それに気が付いてしまえば、全く難しい事はありません。むしろ余りにもシンプルすぎて、少々怖くなってしまう事さえあります。FXという商品で売買をする方々の中には、やや難しく考えすぎている方も見られます。人によってはMT4などを使って、色々と難しい計算をしている事もあります。正直そこまで難しく考える必要はありません。もっとシンプルに考えた方が、この商品での利益率も上がるでしょう。それに気がつくのが難しいのが、FXの特徴の1つと言えます。 → 国内のMT4業者はコチラ

情報集めの手間を削減するためにメルマガを購読

By: EvelynGiggles

金融関連の商品で利益を生み出す為には、情報が大切まで一面もあります。というのも外貨な動きというのは、必ず何らかの理由があるのです。国際情勢がその一因になっている事もありますし、それに関わる経済業界での動向なども、動きに大きく関わってくる訳ですね。

ところでFXで利益を目指すとなると、そのような情報にアンテナを貼ることが大切です。なぜならその情報にアンテナを張っておくと、今後の展望が見えてくるケースもあるからです。今後の世界経済の見込みなどをある程度知っておく方が、売買がやりやすくなる事も多い訳ですね。

そしてアンテナを貼る以上は、もちろん色々な所から情報を集める必要があります。ところがそれには1つ難関があって、かなりの時間を用いる事も多いのですね。というのも様々な情報元から情報を集めるとなると、やはり時間がかかります。その情報収集がスムーズに進めば良いですが、必ずしもスムーズとは限らない訳ですね。むしろやや難航してしまう場合があります。
ですのでその情報集めなどは、誰かに対して依頼をする方が良い一面もあります。自分で自力で情報を集めるよりは、むしろどこかから情報を提供してもらう方が、効率的な事も多いのですね。その具体的な方法ですが、メールマガジンなどは良いと思います。一部のマガジンでは、経済に関する具体的な情報などを教えてくれるのです。しかもそのマガジンを刊行している方々は、たいていは有識者です。自力で情報を集めるよりも、かなりクオリティーが高い情報が集まってくる事も珍しくありません。

またメールマガジンで情報を集める事は、労力を削減できるメリットもあります。前述のように自力で情報を1から10まで集めるのは、とても大変です。ですがメールマガジンの場合は、それを代行してくれる訳ですから、時間的な節約ができる事も多いです。ですのでFXの売買の為に情報を集めたいと考えるなら、有識者が刊行しているメルマガを購読してみると良いでしょう。

会社経営の安全度は比較的高い国内FXの会社

By: emmy.anne

FXの会社は、選別は重要です。なぜなら会社の健全性などはそれぞれ異なっているからです。そもそも金融会社は、たまに倒産をします。実は去年の12月頃にも、非常に大きな動きがありました。あるヨーロッパの開花が大きく動いた事により、ある会社で口座を持っている方々に、多くの含み損が発生してしまったのです。そして口座保有者がお金を返すのが難しくなってしまった事により、その会社の経営状況が悪くなったのです。結局、最終的にその会社は倒産してしまったようですね。

そのような事例は、たまに見られます。せっかくFXの会社にお金を預けても、倒産をしてしまうのはとても悲しいでしょう。ですので会社を選ぶのはとても大切なのですが、実は最近の日本の業者はそれほど倒産のリスクは高くないと言われています。というのもある時に淘汰が生じたからです。実は一昔前の日本のFXの業界では、かなり多くの会社が乱立していました。それで色々な問題が生じていたのですね。中には、あまり良くない会社も見られました。

その問題を何とかするべく、ある時に日本の公的機関が動いた後ですね。一定の基準を満たしていない業者の場合は、業務停止命令になるとの指令が発生したのです。その一声により、だいぶFXの業者は淘汰されたのですね。ですので現在生き延びている日本の業者は、比較的財務の健全度は良いと考えられるのです。問題は海外の会社ですね。その業務停止命令に関する声が届くのは、あくまでも日本の業者だけです。海外に拠点を構えている業者の場合は、それは難しいのですね。やはり国境の問題があるからです。

ですので海外FXの会社を選ぶ時には、やはり財務状況の健全度などは、できるだけ確認をしておく方が無難でしょう。前述のように、せっかくお金を預けても倒産してしまうのは悲しいからです。それを見極める為には、やはり口コミや外部機関からの評判などを基準にするのが良いと思います。高い評価を受けている会社の場合は、安全度も比較的高いからです。

本格的なドル高に備えて120円近辺のレンジで様子見しつつFX

By: Images Money

アメリカの利上げが決まったことでドル買い優勢という意識がより一層強くなってきたものの、私はまだ安易に流れに飛び乗るのはやめて今まで通りの売り買い両目線でいこうと考えています。それはどうしてかというと、ドル円の流れを決定付けるのはアメリカというよりもその影響を受けた日本の方針が表に出てきたときだということが過去のチャートからわかるからです。為替の流れの一時的な転換は投機マネーに動かされている感があるけれど、その後の勢いを維持し続けるのはやっぱり時間差でくるファンダメンタルだと私は見ています。

ドル円は日足以上で分析すると乗り遅れたと落胆してしまうような場面からさらに勢いをつけて伸びるので、何か大きな出来事でもない限りは長期ホールドする前提ならいつトレンドに乗っても利益が出やすい気がします。なので、私は長い時間軸の足で移動平均線に動きが出てからゆっくりとピラミッディングでポジションメイクをしていきたいです。基本はデイトレで勝負していますが、今後は円との金利差も広がるかもしれませんしスワップポイントもコツコツ拾っていきたいというささやかな願望もあります。

トレンドが持続しやすいとはいってもここまで円安が続く一年になるとは思わなかったので、損失はショートのタイミングを誤ったときが多かったと反省しています。まだ日足で保ちあいが続いているものの、固い高値のラインを上抜けたら単純にロング脳でいくのも良さそうです。125円あたりを抜けたら本格的に利上げと株高のパワーに便乗したポジションを持っていいと思いますし、そのときまでに今の相場ではショートは天井だけに留めて120円に近づいたらロングを持つという無難な手法でいくかもしれません。

リーマン前の円キャリー並みの、デイトレからスイング以上の幅広い手法までまんべんなくうまみのあったころみたいな時代が再来しそうな予感を、私だけでなく多くの人が思っているはずです。あのころとレバレッジなどの環境は違うけれど、FXでまた勝ち組を目指す夢を追えると思うとワクワクしてきます。

ドル円の迷信的な数字を信じてFX取引の成績向上

By: Chris Dlugosz

このところドル円の120円という大きな節目が壁になっていたことで、そのラインをストップにしながらロングオンリーのデイトレを行っていたから、数ヶ月前に雇用統計でやらかした損失が一気に回復してプラスの成績で一年を終われそうです。他の通貨ペアよりもドル円はかなりこういった意識されやすいラインを維持する傾向が高いと思うので、そういった点ではボラティリティがそれほどなくても数十分間隔の短期取引ならポンドにひけをとらないと思います。FXではインジケーターをチェックして論理的なトレードルールを作るのが最善の手とされている一方で、このようなきりの良い数字なんかのオカルト要素を信じると勝てるときがあるのも面白いです。

私がドル円にまつわるそういった話を聞いたのはドバイショックからギリシャショックの間くらいの円高真っ只中のときです。そのときはコンマゼロゼロからプラマイ20で止まりやすいということを誰かが言っていたのを耳にしてそんなバカなと思いました。そう思いつつもどんなこともとりあえず検証してみるのがFXで勝ち組に入るための近道だと考えて暇な土日にドル円のチャートを調べてみると、確かにそういったアノマリーが存在することを確認できて驚いたのを覚えています。だから20と80はきっと特別な数字なんだという印象がドル円でトレードするとき常に頭の中にあったことで、今回の120円近辺で停滞していた状況では20という数字を含むからこれは何かあるなといち早く感じて120円を背にロングし続けたのです。

ちょうど固定レートのときの三分の一の額でもありますし、数字的に美しいことも影響しているかもしれません。なぜなら投資の世界ではフィボナッチという黄金比率を用いた分析がよく使われていて、押しや戻りを見るのに約三分の一が目安になるからです。オカルトを一切信じなかったころはFXで勝てているとは言い難かったから、先人の教え的な話もたまには参考にしてポジションを持つことも必要なんだと感じました。

実店舗でのFXの口座開設とその2つのメリット

By: Eric Wahlforss

FXの業者の中には、実店舗を構えている所も見られます。基本的にその商品はネットで自力で口座開設をする事になりますが、中には実店舗で口座を作れる会社もあるのですね。実店舗で作れる会社のメリットは、やはりスピードだと考えます。というのもそのタイプの会社の場合は、パスワードの受け渡しが非常に早いです。ネットで申し込みをした場合は、必ずしも速やかにパスワードを受け取れるとは限りません。郵便事情などによって、やや日数が多くなってしまう事もあるのですね。

総じて東京地域にお住まいの方々などは、比較的速やかにパスワードを受け取れる傾向があります。金融会社のオフィスの多くは、東京に拠点を構えているからです。ところで実店舗で申し込む事には、もう1つメリットがあります。分からない点などを簡単に確認できる事です。そもそも申し込み用のデータを送る前には、必ず情報の入力が必要になってきます。そして入力をする際に、色々と不明な点が生じる事も多いのですね。

例えば職業欄などは、案外と不明が生じる事が多いです。自分の勤め先はどのような職業に該当するのかが、よく分からない方も見られるのです。その他にも様々な疑問点が生じがちなのです。そして疑問が生じた時には電話で問い合わせる方法もありますが、正直電話では内容が良く分からない事も多いでしょう。むしろ対面で話してもらう方が、内容を把握しやすい事も多々あります。実店舗でのFXの申し込みは、その分かりやすさにメリットがあります。

対面で証券会社の担当の方が説明をしてくれる訳ですから、たとえ記入方法で不明点が生じた時にも、直ちに質問する事ができるのですね。その分スムーズに口座を作ることができる訳ですから、ある意味ネット申し込みよりはメリットが大きいとの声も目立ちます。すなわち申し込みスピードの速さと、不明点を確認できるという2点が、実店舗でのFXの申し込みのメリットになります。特にスピードに関するメリットはとても大きいと思う次第です。